内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

カテゴリー「おすすめサイト」の記事

2014年11月 3日 (月)

しっかりと聞いてもらうと、勇気が湧いてくる

昨日に引き続き、
NHKのお伝と伝次郎から~その2
しっかりと聞くということを取り上げておりますが、これもまたカウンセリングということでも示唆に富んでおります
梅ライスもさることながら
後段の精神科医・名越康文先生のお話にある
「自分の話を全部聞いてもらった人は、『聞いてもらった。すっきりした』と思うのではなくて、『明日からやるぞ!』、『失敗したけど、また元気がわいてきた!』と勇気がわいてくる」というところが、カウンセリングの効用の一つを的確に示していらっしゃる。さすが精神科医!

振り返って、人の話を聞くという仕事をしていながら、聞いていないことが実に多いような
本気になって聞いているようで聞いていない一つの例
「評価的な聞き方」
いっていることは正しいか、妥当か、というスタンスでの聞き方。
相手のいっている事柄に対しては本気かもしれないけれど、
相手にとっては本気で聞いてくれていると思うかどうかというと・・・。
コンテンツレベルでは本気だけれどプロセスレベルでは溝があるというか
知と意については本気だけども情のところは無視されているというか
問題解決を急ごうとするとこんなこと多くないですかね

http://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005150162_00000&year=2014&h=2

2014年11月 2日 (日)

自己紹介とはそういうものだったのか!

NHKの「お伝と伝じろう」
小学校の国語のための教材とはいえ、優れもの!

その1回目は自己紹介
自己紹介は相手の立場に立って・・・。
そんなこと考えてなかったなぁ。
自己紹介ととりあえず最低限のことだけ伝える、というのが多かったような。
長い自己紹介って、何だかなぁ、と思うことが多かったからな、過去。
何を長々と話しているんだ・・・、そんなこと聞きたいとは思わないぞ、とか
あとにまだ人がいるんだからさぁ、もっと手短にやろうよ、とか
思うことが多かったから。

しかし、よく考えてみればそれはその人の自己紹介についてのこちらの評価なのであって、一般化しちゃいかんということ。

そもそもなぜそう思うかというと、知りたい、と思うことを伝えてもらっていないから。
もちろん、それが知りたいと思う人もいるわけだから、その人にとってはよい自己紹介だったということになるわけで、その意味では「みんなに分かってもらわねば」みたいな思い込みもあるわけですな。

今度は長くならない程度に、こういうことを聞きたいのかな? ま、外れてもよいていどの時間で説明しようか・・・というスタンスで自己紹介に臨んでみよう。

てなことを思わせるわけです、この10分ばかりの番組で!!
(しかも後半は自己紹介のまとめ方の話なので、前述のことを考えさせたのは最初の5分間のこと!!)
すごいな、最近の教育テレビ

http://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005150161_00000&year=2014&h=1

2007年2月 7日 (水)

江戸時代はどんなだった?

「今日の雑学」というメールニュースはお勧めです。

そこで紹介されていたのが、江戸時代、明治時代の地図で、有名なところや歴史上の人物のお宅法訪問できるサイト

http://map.yahoo.co.jp/kochizu/ です。

例えば遠山金四郎さんちは、どこかなぁ、今はどうなっているのかなぁ・・・

などと見ることができます。ちなみに金さんちは今、都営新宿線菊川駅のA3出口辺りだったりします。

大岡越前守忠相がお勤めになった南町奉行所は有楽町駅と銀座マリオンを結ぶわりと薄暗い道の辺りだったりします。へぇぇ、おもしろいなぁ・・。

銭形平次はどこに住んでいたんだろう。神田明神下でしたっけ? ちゃんと出てくるじゃぁありませんか、神田明神下・・・。でも銭形さんちはありません。まぁ、フィクションだからねぇ・・。

2006年6月 8日 (木)

宇宙といわれましても

実は、5月23日に書いた記事をブログにトラックバックしてみたら、採り上げられてしまいました。

http://www.so-net.ne.jp/backstreet/theme/20060529/20060603/index.html

(ココログって、F通さんの関係ですよね・・。Sニーさん関係のところに採り上げられて良かったんでしょうか。ま、いいや・・)

そんな関係でその日はすっごいアクセス! なんとふだんの5倍!

でも普段が限りなく2桁に近い1桁のアクセス数だから・・・。正直言って、企画者が考えているほどトラックバックで一緒に盛りあがろう・・・てなことになっていません。

上記のブログでは毎週テーマを決めてやっていて、なんと今週は「宇宙」なんですけど、いまのところトラックバックがゼロです。それって・・・可哀想・・・というより、最初に採り上げられたうちとこが、あまりにもしょうもなさすぎたんとちゃうの? と反省。

せめて一つでもトラックバックをおつけして貢献しようと思い立ち、宇宙人の写真を送ります。

Image ピクミンという宇宙人なんですけど・・・。ピクミン星にすんでます。

踏切で汽車に手を振っているところを通りがかりに写真を撮りました(ほんとか~)

キャプテン・オリマーの笛の合図でお宝を集めます。うちにもいるといいな~。

し、しまった。これって、Nテンドーのキャラではないか・・・

重ね重ねすみません。

お勧めHP

お勧めBlog

InBook