内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 適職診断があったなら | トップページ | 自分を認めてあげる・・・キャリア開発ワークショップ・CDW参加者の声 その2 »

2017年6月19日 (月)

自分自身のことなのに後回しにしてきた・・・キャリア開発ワークショップ・CDW参加者の声 その1

今年11月23日から2泊3日の日程で東京/高尾を会場に開催する「キャリア開発ワークショップ・CDW」。
ただいま参加者を募集中ですが、51時間かけてどのような意味があるのか、その感想をご紹介してみたいと思います。

毎回最後に書いていただいているアンケートの内容を元にしていますが、原文のままをご紹介することはできませんので、特徴的なものについてその趣旨をご紹介するということでご容赦ください。

若手の方、中堅層の方がよく仰るのが

 自分自身のことなのに、時間をとってきちんと考えるということをしてこなかったことを痛感した。良い機会だったと思う。できたゴールに向けて、ときどき振り返りながら取り組んでいきたい

就職活動の時など、これまで考えないで来たわけではないんです。
ただ、会社に入ってしまうと、ふだんの生活の中では、ほかに考えないといけない、しかも緊急性の高いことがあったりするわけです。なので、中断せざるを得ないのです。

しかも、将来のことのように「それ、正解です」という答えがあるわけではない考え事は、つらつらと続くものです。
だって、算数の問題とかであれば、いったん答えは出るし、それが合っているかどうかを確かめられますが、将来のことは将来になってみないと分からないからです。
なので、どうしても続いてしまう。

「ここまで考えているから大丈夫」というのは、誰も言ってくれない。
自分で、「そうか、こういうことか!」と、腑に落ちる。そこまでじっくり考える時間を確保してみるしかないのですね。

そしてCDWはキャリア・カウンセリングが標準装備です。これも、腑に落ちる、という意味ではとても効果的なんですよね。

« 適職診断があったなら | トップページ | 自分を認めてあげる・・・キャリア開発ワークショップ・CDW参加者の声 その2 »

CDW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/70907700

この記事へのトラックバック一覧です: 自分自身のことなのに後回しにしてきた・・・キャリア開発ワークショップ・CDW参加者の声 その1:

« 適職診断があったなら | トップページ | 自分を認めてあげる・・・キャリア開発ワークショップ・CDW参加者の声 その2 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook