内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 若い人に譲るよりは・・・ | トップページ | 節目 »

2014年3月28日 (金)

物語のループ

自分のキャリアを考えるために、自分の内的キャリアを理解するために、「語り」はとても有効な方法だと思います。
何らかの方法を用いて、つまりカードを用いたり、あるいはインタビューを通じて、自分のことを語ると、気づいていなかった自分自身のことに気づくことが多々あります。
また、そうして語った内容については、自分の言葉で語っただけに納得感はとても深いものがあります。
これまでのキャリアを語ることで、これからのキャリアが見えてくるようにも思います。
このあたり、目下研究中です。

ただ、少々怖さも感じているのです。
それは、語ることで自己理解が深まっていくように思うのですが、それが自分で自分を承認する無限ループに陥ってしまう危険性もあるような気がするのです。
さらに踏み込んで言えば、自分の語りに縛られてしまうことさえありうるのではないかと。
予言の自己成就のような。

このあたり、語りを受け止める人、引き出す人の力量、あり方によるところも多そうです。

« 若い人に譲るよりは・・・ | トップページ | 節目 »

キャリアとナラティブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若い人に譲るよりは・・・ | トップページ | 節目 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook