内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« これまでにやりがいを感じたとき~ストーリーのパターン | トップページ | 社会的認知理論とストーリーと専業主婦 »

2012年6月 8日 (金)

ストーリー形成に影響するもの

自分のストーリー(今はまだ概念整理しきれていないので、ストーリーと物語とナラティブの言い分けはあまり意識的にできていません)は、自分がつくるものなのですが、そこには自分のものとは言い切れない多様な要素が反映します。

その一つが、所属する組織、職場の持つ文化です。
「ようは結果だ、結果の出せないものに、意味はない」といった文化の組織に長くいれば、そうした傾向がストーリーにも反映されるでしょう。ポジティブな面でもネガティブな面でも。
「お客さまに貢献した結果、こんなに売上が伸びた。これが自分にとって働きがいだ」
ということもあるでしょうし
「気に入らないあの上司は二言目には結果を出せといっていう。自分はそういう短絡的な考え方にも腹が立つ。数字は結果としてついてくるのだ。数字そのものよりもそこに至る道筋こそが大切だ」
ということもあるでしょう。

問題なのは、これがあたかも不変の価値観であるかのように感じたり、無自覚にそのまま飲み込んでしまうこと。
結果的に自分のキャリアを生きているのではなく、会社がしいた価値観のレールの上を進んでいくことになってしまいはしないだろうか。あるいは無自覚に強要してはいないだろうか。

大切なのは、当然のことながら自分で気づいているということですね。

« これまでにやりがいを感じたとき~ストーリーのパターン | トップページ | 社会的認知理論とストーリーと専業主婦 »

キャリアとナラティブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これまでにやりがいを感じたとき~ストーリーのパターン | トップページ | 社会的認知理論とストーリーと専業主婦 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook