内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« キャリア教育について、一言だけ | トップページ | 続・お金のために働く のか? »

2011年2月17日 (木)

お金のために働く のか?

所属しているNPOのプロジェクトでカードソートのカードを作りました。
「はたかち」といいます。いい出来なんだな、これが。

ところで、この「はたかち」、働く上での価値観をテーマにしているカードで、20種類あります。
先般このカードのワークショップをしたときに参加者の方からいただいたご意見に「お金のために働く」というカードがあっても良いのではないか、というものがありました。
「あまりに現実的かもしれないけれど、これなしでは、きれい事に過ぎないのではないのか?」ということでありました。

なるほど、なるほど。

きれいごとですませようと言うつもりはないんですけどね。
検討の段階で出てこなかったというか、出てきたのかもしれないけれど早々になくなっちゃったんですよねぇ。多分。
記憶にないし‥‥。

では、このカードを入れるかというと、どうなんでしょう。
入れてもいいような気もしなくはないけれど、何か違う。
違和感があってずっと考えていたのですが、ようやくその理由が分かったような気がします。

それは、「お金のために働く」というのは源となる価値観ではなくて、目的論にすぎないからではないかと思うのです。
だって、お金のために働いている、っていったって、そもそもその稼いだお金を使って何かやりたいわけで、例えばおいしいものが食べたいとか、趣味の物を買いたいとか、配偶者や子どもに不自由な思いをさせたくないとか、いい車に乗っていい服着てぶいぶい言わせたいとか、山ほど本を買って読みふけりたいとか、なんとかかんとか。そういう何かがあって、そのためにお金を稼ぎたい、だから働いているのではないでしょうか。
とすれば、「お金のために働く」のではなくて、「家族を幸せにしたいから働く」だったり、「おいしいものを食べて幸せになりたいから働く」だったり、「みんなから認められたいから働く」だったり‥‥ということであって、それぞれ「家族」や「美食」や「認められること」が価値観としてその底流にあるということになります。
自分の価値観を探るためのカードなんですから、そこまで考えてみないと意味がないです。「お金のために働く」、そだよね~、では、まだ不十分。

とはいえ、本当に純粋に「お金のために働く」という人もいるかもしれませんけどね。通帳の残高が増えていくとぞくぞくするとか、目の前に金塊が並んでいるのを観ると笑いが止まらんとか‥‥。なので「お金のために働く」が全く価値を示していないとはいいません。が、そのためのカードを20枚のうちに入れるかというと、他に入れるべきものがあろうかと思うわけです。

なので、多分入れません。「お金のために働く」は。

« キャリア教育について、一言だけ | トップページ | 続・お金のために働く のか? »

内的キャリアへの手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キャリア教育について、一言だけ | トップページ | 続・お金のために働く のか? »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook