内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« たこやき・・と内的キャリア | トップページ | 大学で導入されつつある「ポートフォリオ」について~ご案内 »

2011年1月27日 (木)

仕事ですから!

「仕事ですから」といわれたら、どういう意味でその人は言っているのだと思いますか?

例えばスーパーで品物を探していて見つからなくて、お店の人に聞いたら教えてくれたので、「ありがとうございました」といったら「仕事ですから」といわれたとき。

あるいは、急ぎの用事があったので隣の席の人に手伝いを頼んだとき、「悪いね、手伝わせて」と声をかけてみたら「仕事ですから」といわれたとき。

あなたはどんな意味で使いますか「仕事ですから」。

「仕事ですから、しょうがないけどやりますよ。仕事ですから‥‥」なのでしょうか?
「当然やりますよこれは自分の業務範囲なんですかね。これが仕事ですから(^_^)b」なのでしょうか?
「こちとらこれで食ってんだい。べらぼうめぇ。俺の仕事だから」なのでしょうか?
「自分はこれに誇りを持っている。これぞ私の仕事ですから」なのでしょうか?

「仕事ですから」にはいろんな意味がありそうです。

なんで思ったかというと、私にとっては「これは自分の仕事なんだからやって当然、やらないでどうする? やるからにはいい仕事しまっせ」なんですよ、一応‥‥。
そんな心積もりだったので、仕事上に関連のある人で親しい方に「こんなに詳しく調べてもらってすみませんね」といわれて「いえ、仕事ですから」と答えたのですが、怪訝な顔をされてしまったんですよ。何でだろう、と思い返してみて気がついたのが「仕事なんだからやらないわけにはいかないでしょ」という意味に受けとめられたのかもしれないということ。
そういう意味ではなかったんですけどね‥‥‥。

« たこやき・・と内的キャリア | トップページ | 大学で導入されつつある「ポートフォリオ」について~ご案内 »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たこやき・・と内的キャリア | トップページ | 大学で導入されつつある「ポートフォリオ」について~ご案内 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook