内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« あしたがしめきり | トップページ | 700mgと0.7g »

2009年7月 1日 (水)

学び続けることが大事なんだよ

浦沢直樹さんらの手による「Master キートン」というコミックスがあります。
アニメ化もされています。
この作品、とても好きなのですが、なんとyoutubeでアニメ版を発見
(う~ん、著作権は‥‥‥)

この中のepisode5「屋根の下の巴里」はお勧めしたいものの一つです。

MASTERキートン File3 [DVD] MASTERキートン File3 [DVD]

販売元:バップ
発売日:1999/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

youtubeだと
http://www.youtube.com/watch?v=_DZ07xgpNsM

コミックスは絶版なのだそうで‥‥‥
もったいないなぁ‥‥‥

この「屋根の下の巴里」のPoint!
それは我々はなぜ学ぶのか、ということにあります。

なぜ学ぶのか、それは私たちが個人としてよりよく生きていくためだけでなく
よりよい社会であろうとするためでのあるわけです。

逆に、社会を崩壊させるには、暴力だとかではなく
学ばなくなるほどの享楽、快楽が蔓延するだけでよいのかもしれません。
そう考えると、あまりに低俗、稚拙なテレビ番組が、
人気があるから、広告がつくからといって蔓延することって、どうなんでしょうね。

昔、あまりにひどい番組だと、スポンサー企業に対する不買運動があったりしましたねぇ。
こういう、市民自身のチェック機能が機能するのも、「意識する」ということができるから。
「何をムキになっているんだか」
「いいじゃないの面白ければ」
みたいな風潮が広がれば、どんどん飼い慣らされて、気がついたときには‥‥
ぶるぶる‥‥‥

« あしたがしめきり | トップページ | 700mgと0.7g »

働くということ」カテゴリの記事

内的キャリアへの手がかり」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook