内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« カレーカツ丼 540円 | トップページ | アイデンティティというのは »

2008年9月12日 (金)

もう昇進しなくてもよいです・・・by役員

2008年8月6日付日経産業新聞で紹介された日本能率協会の「新任役員の素顔に関する調査」は面白いですね。

「将来、社長まで昇進したい」と答えた人は8.9%(ちなみにこれって、新入社員の意識調査の数字とあまり変わらなさそうな感じです)。2007年に比べるとほぼ半減しているとか。
また「将来昇進してみたい地位はどのレベルか」について「これ以上の昇進は望まない」と答えた人が40.9%もいるんだと(前年比11.7ポイント増だって)。
おいおい、なって早々もう「上がり~」意識ですか‥‥‥とほほ、そんな役員、いらない!
(まぁ、虎視眈々と社長の座を狙っているぎらぎらとしたやつというのも恐いかな? ○曜サスペンス劇場みたいなことになってもあれだし‥‥)。

「出世は意識してこなかった」という方々が80.8%(前年比11.9ポイント増)ということだから、もともと狙ってなったわけではないということなんでしょうか? 奥ゆかしいのか、はたまた「皆様あっての私‥、お客様は神様でございます」みたいな感覚なんでしょうか? それとも最近社長になられた島耕作さんみたいに、がっつかないでもやるべきことをやっていたらそうなるのだ、という感覚なのかなぁ?

役員になったとたん「上がり」(すごろくのイメージです)という意識を持ってしまって、もっと自分を磨こうとしたり、多少のリスクをとってチャレンジしたりということをしなくなるという傾向は、実は根強くあると思っています。今回の調査はこれが裏付けられたような感じがしないでもありません。なんだかな~

« カレーカツ丼 540円 | トップページ | アイデンティティというのは »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook