内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 働くのは、喜びよりも虚栄心 | トップページ | ワーク・ライフ・バランス »

2008年1月16日 (水)

働くのは、喜びよりも虚栄心~その2

前回、今村仁司氏の「近代の労働観」をひもとき、人間が働くのは虚栄心を満たすためであるということを紹介しました。確かに人から評価されたい!という欲求は強く、それが働く上での原動力であったり、あるいはまた働く上での充実感の源であったりするというのは否定できないことかもしれません。

「社会的な使命感を感じてやっている。評価だとか報酬とかは関係ない」といっても、心の奥底に、評価されたい、認められたい、認めて欲しいということが全くないか?といわれると、心許ないところもあるのではないでしょうか(そりゃ自分だけ? 修行が足りないかなぁ・・)。

ここでいう承認される、評価されるというとき、「誰に?」というのが問題になると思うのです。「近代の労働観」では、「下位の他人」(部下だけでなく社会的な階層としての意味も含められています)、「同等者としての他人」(これも同僚だけでなく広い意味で捉えられています)、「上位」(主に上司。上位からの承認を求めるために率先して上位の者に服従しようとするとも指摘されています)の3種が上げられています。

気になるのは、このように考えていくと社会的な不正義、つまり社会的には不正と思われることが会社などの組織の内部で実施される土壌が労働そのものに内包されているように見えることです。「これはおかしいのでは?」ということがあっても、これらの承認関係の中においては、口にしない方がよいという結果に結びつきやすくなりそうです。また、実際にそれが組織内での不正行為に結びついているのかもしれません。

一方で、「上位」の概念をさらに広げることを考えるとどうでしょうか? 「上司」だけでなく「神」、あるいは「(理念上の)お客様」を承認を得るべき上位者と捉えるとこの構造はまったく変わってくるかもしれません。さらに広げて、こうした人(神は人物とはいえないですが)に留まらず「理念」や「理想」ということにするとどうでしょう? 理念や理想からの承認とは、自分が働くことがこうしたものに一致している、あるいはそれらの実現に寄与していると思えるときといえるかもしれません。とすれば、あながち「評価されたい」というのが労働の源泉であるとすることに、違和感はあっても納得できるかもしれません。

ただ、こうした理念や理想がどこから来ているかということも考えておかなければなりません。理念や理想にコミットしているということであれば、それはあくまでその人の考え方そのものともいえるでしょう。その意味では「かくありたい」という自分のありたい姿、つまり自己実現イメージを現実のものとしようとしているということができるかもしれません。その意味では評価するのが「他者」ではなくなったという点でも「自己実現欲求」に近いものといえるでしょう。

しかし、そうした理想や理念がある特定の人物の影響を受けたものであり、そうした考え方とその「人」そのものとが切り離されていない場合は、その「人」からの評価から逃れられなくなると思われます。となるとやはり承認されることが原動力になることになるのでしょう。

とすると、評価されること、承認されることが労働の源泉であるとするとき、真・善・美ということについてそれぞれの個人が考えるということをしておかなければ社会は決してよくはならないかもしれないということです。そうした価値観に目を向けることなく流れに身を任せていたり、またそうした流れがおかしな方向に向いていないか常にチェックするということをわれわれ労働する人がしておかないと、世の中はなかなかよくはならない、ということになりますね・・。

« 働くのは、喜びよりも虚栄心 | トップページ | ワーク・ライフ・バランス »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook