内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 体の贈り物 | トップページ | あぁ、とてもすっきり! 数ⅡB »

2007年10月25日 (木)

意欲が湧くとき。引くとき。

昨日まで3日間、初任管理職クラスを対象にした管理職研修のデモに参加してきました。その中に「意欲が湧いたとき、意欲がなくなったとき」それぞれを3つずつ出し合ってまとめてみようというグループワークがありました。

まぁ、だいたいこんなもんだろうというのが出てきたのは、「意欲が湧いたとき」の方。お客様から信頼されたとか、評価されたとかというのが多いです。

一方、意欲を失ったときというのは、人によってかなりばらつきがありました。また、やたらと具体的な感じもしました。

意欲を失うときというのはそれだけ、つまり一つひとつが具体的な記憶に残るほどに「強い印象」を持つものなのでしょうか?

逆に意欲が湧いたときというのは、うまく行ったもんだからあまり振り返りもせず、どこが意欲の源泉なのかということを確かめたりしないんでしょうか?

とすれば、やはりCDW(キャリア開発ワークショップ=JCC主催)のようにじっくりと考えてみるということが必要ですね。

もう一つ気がついたこと。それは、これをグループでやってみると、それぞれの方の価値観が本当によく分かるということ。いろいろ挙げているんだけれども、結局は周りの人の評価を気にしているだけ、という人もいたりして。生きて行くの大変だろうなぁ・・・。

このワークのこの研修での目的は別のところにあったのですけれど、おもしろい体験でした。

« 体の贈り物 | トップページ | あぁ、とてもすっきり! 数ⅡB »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook