内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« そこにある新たな機器(危機)? ケータイのよけいなお世話 | トップページ | パソコンへの独り言 »

2007年6月14日 (木)

鈍感であることと、やりすごすこと

「鈍感力」という本が売れているそうで。

何かと腹立たしいことが多かったり、つらい仕打ちを受けることが多いご時世ですから、いちいち腹を立てたり、悲しい思いをしたりすることなく、感じないでいられたら、とても楽に生きていけるではないか・・・鈍感であることも一つの才能なんでしょうね。

でも、この鈍感であることを適切に使い分けてくれないと困るんですけど。

すでに、円滑に社会を進めていくためにある社会のルールにまで鈍感になっちゃいませんか? という人を目にすることがますます増えている今、だから自分も鈍感になっちゃった方がいいんじゃないのと、素直には思えないんですよね。

「あんた、もうドア半分しまっているのに駆け込んでくるなよ」というくらいの駆け込み乗車。そうすることで事故になったら電車は遅れるし、駅員さんだってすべての入り口で見張っているわけにはいかないのに不注意であると攻められる。そういう迷惑をかけるであろうと言うことにさえ鈍感な人が、さらに鈍感になっちゃっていいの?

先日も出ていましたが、電車の扉に指が挟まってしまって・・・という事故の場合、どう考えても駆け込み乗車か、無理矢理乗車しようとしたとしか考えられないんですけど。自分だけは大丈夫だろうというその自己中心性に鈍感力なんか加わった日にはもう、やってらんないです。

仕事の場面でもありますよね。

そんな、直接自分に関係のないことにまでいらいらしていることはないではないか、だから鈍感力が必要なんだということなのかもしれないですけどね。

しばらく前の本で「出来る部下はやり過ごす」というのがありましたね。どちらかというとこのやり過ごすという方がいいじゃないでしょうか。すべてに反応していると疲れるからというのは同じだけれど、「やりすごし」の方は、端から感じないという入力受付拒絶状態ではなく、受け付けるけれどあえて精神衛生上処理しないということでしょう。まだしもその人のポリシーとか、考え方が感じられるし、人間らしさみたいなものが残っているように思えます。

パソコンでいえば

鈍感=ほぼフリーズ状態

やり過ごし=ジョブが多すぎるので急でないものは後回し(そのうち忘れて電源落としてくれるだろう・・・)

という感じでしょうか。

ちゃんとやり過ごすためには、現実をきちんととらえる力も必要になりますね。

それが面倒だから、つい鈍感力ということに走ってしまうのではないかなぁ・・・

« そこにある新たな機器(危機)? ケータイのよけいなお世話 | トップページ | パソコンへの独り言 »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook