内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 鈍感であることと、やりすごすこと | トップページ | 転機 »

2007年6月20日 (水)

パソコンへの独り言

20台から30代の女性の、5人に2人はパソコンに向かって独りつっこみをしたことがあるそうな。

http://blog.ishare1.com/press/archives/2007/05/2330405.html

??? そんなに少ないですか?

私なぞ、毎日ですが・・。特に最近、ワードを使っていると「異常が発生しましたので終了します」というのが良くでるので。調子に乗って入力しているときに限ってでるもんですから、セーブしていないことの方が多く、そう言うのに限って、後から思い出そうと思っても、もう思い出せないですな・・・。

調子よく打っているということは、それだけ没頭して打っているということですから、当然セーブなんかしないわけです。志向の流れを妨げますから。

また、のって打っているわけですから、内容の真偽はともかく、本人にとっては「こりゃぁ、すごい」と調子に乗っているわけで、すごく惜しいことをした感じがしますし、ノリで打っていますから、後で思い出すのは難しいのです。

なものですから「あほ~、なにやってんねん、ぼけ~。いてまうぞ、おらぁ」などと、突っ込むわけです。

2回目になると「えぇぇぇ、またぁぁぁぁ。捨てるぞ!」

3回目になると「勘弁してくれ、ほんまんに・・・」というように変化していきます。

それにしても、4割とは少なすぎるような気がしますけどね。パソコンを使って仕事をする人に限ってみたら、もっと増えるのではないでしょうか? SEやプログラマーだけだともっと多くなるのでは? あるいは営業や総務の事務スタッフの人も多そうな気がする・・・。

使用しているソフト別では、きっと、1)パワーポイントなどプレゼン資料作成ソフト 2)表計算ソフト 3)ワードなど文書作成ソフト-の順ではないかと・・・。

« 鈍感であることと、やりすごすこと | トップページ | 転機 »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook