内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 先立たれてしまったあとに | トップページ | 10年毎日続けられたら一人前になれる »

2007年4月19日 (木)

喫茶店での英会話

いろいろな働き方があってよいのだと思うのですけれど・・・

喫茶店で英会話やスペイン語、そのほかの外国語を教えている人がいますよね。1対1で。喫茶店なのでうち解けた雰囲気の中で勉強できていよいのでしょうけれど、これってお茶を飲んでゆっくりした人にとってはじゃまなんだなぁ・・。だって、先生の方は生徒によく聞こえるように大きな声でしゃべるんですよね。これがまたよく通る声なんだわ・・(今も隣でやっているんですけど。このひとは身振りもでかい!)。

きっと喫茶店ですると場所を借りたりしなくてよいから、コストもかからないし、生徒さんの自宅や勤め先の近くでできて便利なんでしょうけど、喫茶店にとっては営業妨害ではないでしょうか?

とくにド○ール、コーヒーなんかは回転率が高いからあの値段なんだろうし、我々もちょっと立ち寄れるから行くんですけど、あんなところで一人1時間近く、そして入れ替わり立ち替わり生徒がやってきて数時間占有するというのはいかがなものかと思います。逆にそれを前提とした喫茶店作ったらどうだろう? 駅前○学やお茶の○留学ならぬ、喫茶店留学。いかがでしょう?

(ところで、なぜそんなに長くいたことを知っているのかということが気になるあなた。鋭いですね。はい、わたくしもPCで仕事してました。長いこといたという意味では私も同罪ですかね・・・ただ、大声出してはいないですよ・・・)

« 先立たれてしまったあとに | トップページ | 10年毎日続けられたら一人前になれる »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先立たれてしまったあとに | トップページ | 10年毎日続けられたら一人前になれる »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook