内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 人が住めるかもしれない惑星 | トップページ | 不正行為と内的キャリア »

2007年4月26日 (木)

何のために働くのか? → 自分のためだよ

基本的に漫画好きですから、欠かさず買っているのがあって、毎週木曜日発売のモーニングもその一つ。

その中に連載されているのが、昨年夜中にアニメとして放映された「働きマン」(今その時間帯は確か「のだめ」をやっているのでは・・・)。

今週号の「働きマン」で出ているのが主人公の松方弘子が夜、向かいのビルに煌々と明かりがついているのを見て「みんな働いているのか・・・何のために」とつぶやいたところで、同席していた男性のいった言葉

「自分のためだよ」

何のために働くかといって、自分のために働くというのはありだろうなぁ。

何のため? と聞かれて、

たとえば患者さんのためとか、お客さんのためとかと答えることもできるんだけれども

そうしたことも結局は(かなり還元してしまうと)、自分がそれをやりたいから、

「ありがとう助かったよ」といわれてうれしいからであったりするわけですね。

そうしたことも忘れてともかく人のために頑張ってしまうと、

何かを見失ってしまいそうな気もします。

むしろ「こんなにやってあげているのに (T_T) 」ということになってしまうのではないかとも思いますね。

「自分のためだよ」かなり自己中心的に聞こえるかもしれないけれど、

自分を尊重して初めて他者も尊重できるということもあるじゃありませんか。

だからいいんですよ、自分のためで。

ただ、やっぱり自分だけがよいよりも、周りの人にも一緒に良くなって欲しいなぁと思うのではないでしょうか?

« 人が住めるかもしれない惑星 | トップページ | 不正行為と内的キャリア »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook