内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« いろいろなことがつながる楽しさ | トップページ | お休みの日には音楽を・・・ロシアの酒造工場 »

2007年3月 8日 (木)

さなぎホテル

あるSNSの方の紹介で「ビタミンF」(重松清)を読みましたところ、30代後半から40代半ば、お子さんがいらっしゃるであろう方には、ずきずきとすることが満載でした。この人の作品って、読むとつらくなることが多いんですよねぇ。「ナイフ」もそうだし。最後には何となく救われるような感じではあるんですけれど、自分の嫌なところを見せつけられているような感じです。

(・・・でも女性の方が読んだらどんな感じなんだろう・・・)

そのなかに「なぎさホテルにて」という作品がありますが、最近の私にとってはとても納得のいく、というか、なるほど、そういうことかもしれないと思った作品でした。

詳細は読んでいただくとして、ざっとあらすじをご紹介すると、物語はかつて結婚も考えた恋人と学生時代に訪れたホテルに、37歳の夫が妻、子ども二人を連れて宿泊するところから始まります。17年前、そのホテルで宿泊者向けサービスとして実施していた「未来ポスト(その日が来るまでホテルで預かって、指定した日に郵送してくれるもの)」で彼女から出していた封書が、割引券と共に37歳の誕生日(設定ではちょうど2000年)前に夫に届けられたのでした。実はその頃、夫はある日「おれの人生はこれか-」と拍子抜けした感じを持って、それまではそれなりに一緒にくらしていた妻がその日を境にどうしようもなく見えてしまうようになり、もしかするとこの旅行が家族で行くのは最後かもしれない・・・というような状況になっていたのです。

俺の人生こんなものか、これでいいのか-と思いつつ、そのようにしたのは自分であると分かっていながらも、それに抗おうとし、そうすることで他人を傷付けたくないと思いながら結局は傷つけている自分を嫌悪している、そんな日々であったわけです。

あまり書くとネタバレになるのですが、最後の方で、娘が友だちに出そうとした葉書で「なぎさホテル」を「さなぎホテル」と書き間違えるのですが、まさにその夫にとっては、今がさなぎの時期なのであったかもしれないと思えるものであったかもしれない・・・というものです。

確かにこの30代後半から40代にかけて、「さなぎ」の時期ってあるような気がするんですよ。

子どもの頃から一生懸命、それなりに頑張って、大きくなった。一皮も二皮もむけた。もう子どもの自分ではない、立派な大人なんだと思っている。

それはアゲハチョウで言えば、卵からかえって、生まれたときは鳥の糞みたいだったのが、脱皮して、徐々に立派な緑の幼虫になり、さらには敵を脅すための角まで出せるようになるわけです。

でも、それで終わりかというと層ではないわけです。

五齢虫になったら、最後の脱皮をしてさなぎになって、最終的に蝶へと完全変態していくわけです。

そのように、一生懸命やったつもりでもまだまだ幼虫なのであって、成虫ではないのではないかと。

40歳前後に、いったん「さなぎ」になる時期を経て、ようやく蝶へと完全変態するように、ようやく大人になっていくのではないか、そんな感じがするわけです。筆者もそれを言いたかったんではないかな~。

40歳前後って、ユングは人生の正午と言ってそれ以前の午前の時期から、午後の時期へと移っていく時期であるといっているし。

E.H.シャインも40代は、これまで自信を持ってやれていたことに自信を失ったり、今までのことを振り返って、本当にこれでよかったのかと振り返ったりする時期だと言っていますからね。

体力的にも、あぁ近くが見えづらくなったなぁとか、体力が・・とか思う時期が40代。

40前後は「さなぎ」の時期。身動きしたくてもできない時期なんですよ・・・。

そう思うと、ちょっと気が楽になるかなぁ・・・

追記

 ところでこの記事、タイトルのせいか怪しいトラックバックばかりつくので、コメント、トラックバック共に受け付けていません。

« いろいろなことがつながる楽しさ | トップページ | お休みの日には音楽を・・・ロシアの酒造工場 »

働くということ」カテゴリの記事

お勧めHP

お勧めBlog

InBook