内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« お休みの日には音楽を・・・Above the sky | トップページ | お休みの日は音楽を・・・お休みの唄 »

2007年1月15日 (月)

私がこの職業を選んだのではなく、この職業が私を選んだのだ

「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK出版)。

最近取り上げましたが、その第4巻に出ている建築家中村好文さんが、プロフェッショナルとはという質問に答えて曰く、

「あるタンゴダンサーが『どうしてあなたはタンゴを選んだんですか』と聞かれて、『僕がタンゴを選んだんじゃない。タンゴが僕を選んだんです』って答えたんですよね。プロフェッショナルというのは、ある特定の職業を選んだ人ではなくて、ある特定の職業から選ばれた人のことをいうんだと、その話を聞いて思うようになりました」

ふむふむ、なるほど。選ばれるだけのこともしているということもあるのでしょうね。

天職とは神から与えられたがごとく自分にマッチした、自分ならではの職業であるとするならば、まさに天職とは職業から選ばれるということかもしれません。

中村さんは仕事をするからにはそういえるようになったらプロフェッショナルと言っていいんだろうということを仰っているわけですが、皆さんはいかが?

仕事が専門的だとか、誰にでもできるものではないとかということではなく、職業が自分を選んだのだというくらいに体現しているということが大事なのかもしれません。

う~ん、皆さんはどうですかと振っては見たものの、自分はどうだろう。まだちょっといえないかもしれないですねぇ。もっと精進せよといわれているようでもあります。

« お休みの日には音楽を・・・Above the sky | トップページ | お休みの日は音楽を・・・お休みの唄 »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/4942426

この記事へのトラックバック一覧です: 私がこの職業を選んだのではなく、この職業が私を選んだのだ:

« お休みの日には音楽を・・・Above the sky | トップページ | お休みの日は音楽を・・・お休みの唄 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook