内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 就職は「ゴール」ではなく「スタート」なんです    か? | トップページ | たまにはこういうのはいかがでしょうか? »

2006年12月 5日 (火)

「キャリア力」って なにそれ?

この時期になると流行語大賞というのがありますね。今年は何なんでしょう。

ノミネートされているのを見るとハンカチ王子とかイナバウアーとか、オシム語録だとか、勝ち組・負け組・待ち組だとか、たらこ・たらこ・たらこだとか、まぁ、いろいろあって、そんなのもありましたねぇという感じですね。その時代を彩る言葉なんでしょうね。

でもですね、大切な言葉、概念については、多くの方の共通理解としておく必要があると思うのです。私どもの世界で、大切だといわれながらまだまだ共通理解とまではなっていないのが「キャリア」だと思います。

キャリアと聞いて「国家公務員上級試験に受かった人」と思う人はさすがに少なくなったと思いますが、「経歴」「職歴」だとか「資格」だとか「処遇」だとか「実力」「実績」と思ったりする人はまだまだ多いと思うんです。ちなみに私の気に入っている、推奨版の定義は「キャリア=仕事人生」(by 横山哲夫氏)なんですけどね。

ところが、まだ曖昧なままの「キャリア」に「力」をつけて「キャリア力(きゃりあ・りょく)」というような言葉ができつつあります。なんじゃそれ? キャリア形成力とか、キャリア構築力とか、キャリア・ゴール設定力とかならまだ何とか分かるけど、キャリアにいきなり力つけて・・・なんなのそれ?

曖昧な言葉を曖昧なまま使うと、それを自分なりに解釈する人が出てきて、さらに混乱を招きます。Aさんがキャリア力は大事よねといっているときにそれを聞いたBさんが全然違う自分なりの解釈でキャリア力を想像して、そうだよね~なんていっているのって、笑えない喜劇です。

何でも言葉作ればいいというものではないぞ!

ついでにいうと「人間力」も。何となく分かるような気がするけれど、力っていうのは備わっているか備わっていないかという類のものですから、人間力のある人、ない人がいるという前提に立っているということになりますよね。でもね、「あなたって、本当に人間力ないわよね」といわれると、それってきついですよ。もう「人間辞めますか?」っていわれているみたいな感じです。先日いったあるシンポジウムで大学生の方が出した質問に「大人には『人間力』が備わっていると思いますか?」。答えらしきものがあるとすれば備わっている人もいれば備わっていない人もいるというのがそうではないかと思いますけど、こう聞かれちゃうと、「人間としてやっている人とやっていけない人がいるんじゃないですか」といわれているみたいな気がしてしまいますね。

一昔前には老人力というのもありましたね。

何でも「力」つければよいというものでもあるまいし・・・。

それに、つけたとたんにそれって獲得しなければいけないものになってしまうんですよ。

« 就職は「ゴール」ではなく「スタート」なんです    か? | トップページ | たまにはこういうのはいかがでしょうか? »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/4399406

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャリア力」って なにそれ?:

« 就職は「ゴール」ではなく「スタート」なんです    か? | トップページ | たまにはこういうのはいかがでしょうか? »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook