内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« たまにはこういうのはいかがでしょうか? | トップページ | お休みの日は音楽を・・・時のかけら »

2006年12月 7日 (木)

日本型ホワイトカラー・エグゼンプション制度って、本当によいのか?

厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で、労働法制の改革が論議されているそうです。これは要チェックです。あっと驚くようなこともここで議論されています。その一つが

ホワイトカラー・エグゼンプション制度

エグゼンプションとは除外するということ。何を除外するかというと、この場合は「労働時間にかんする規制の適用を除外する」ということ。ざっくり言ってしまうと、「ホワイトカラーつまり製造現場の人以外は全員裁量労働時間制にしちゃいます」ということ。いくら働いても給与は同じということでもあり、給与明細から「時間外勤務手当」という項目がなくなると言うことです。

へ? です。

もともと日経連では提唱していたそうで、その理由は「働き方に裁量性が高く、労働時間の長さと成果が必ずしも比例しない部分がある。労働時間に対して賃金を支払うのではなく、成果に対して賃金を支払う仕組みが必要」ということだそうです。

米国では一定の職種の方はエグゼンプション制度の適用になっています。だから日本でも大丈夫だろうといわれたりしていますが、米国のように労働市場の流動化はまだまだ進んでいなくて、「はたらけど はたらけど 我が暮らし楽にならず え~い、こんな会社辞めてやる」とは言えない状況なのに、米国がそうだからといって日本もというのはずいぶんと無茶な話のように思いますがいかが? それに米国はまだまだ労働組合の力が強いですからね。日本のように企業内組合が多いと、あてにならない場面も想定されますよ。

また時間で支払うことを止めれば、もっと成果に目を向けるようになり、不要な残業を、やっても無駄だからしなくなるのではないかという予測もあるようですが、それは個人が組織より強い場合であって、組織の方が強い場合はそうはならず、いつまででも働かされることにもなりかねません。

その他にも論点山積み! 過労死が増えるのではないかとか、ワーク・ライフ・バランスはもっと悪化するのではないかとか・・・。ホワイトカラーったって、どこまでがホワイトなのか・・・

個人的には、エグゼンプション制度のメリットも感じないでもないです。要領の悪い人ほど時間外手当が付いて給与の手取りが高くなって、ちゃっちゃと仕事したらなんだか損したような・・・という経験はありましたから。それでもいきなりエグゼンプションというのは、そりゃ行きすぎでは?と思います。

その前に、時間外の割り増し(25%)を止めてはどうでしょうかね。同じ仕事をしているのに、時間を超えただけで25%増えるというのは変だとは思うんですよ。時間外割り増しを止めて労働時間が減って生産性が上がるようであれば、エグゼンプション制度を考えても良いかもしれないとは思うのですけれどもね。

それにしても「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」もっと、マスコミで取り上げて議論してくださいよ。決まりかけたときでは遅いでしょう。マスコミって役に立たないなぁ・・・。

それに民主党、なにやってるの? まぁ、党首は、頭の中は自民党の人だからねぇ・・・むりか・・。

やっぱりここはネットの力でしょうかねぇ・・・。

それにしても経済産業省の審議会ならとっても自然な話なんですよ。でも厚生労働省の審議会ですからね。国の機関の中では「労働者を守る」側だったですよ。時代も変わったなぁ~

« たまにはこういうのはいかがでしょうか? | トップページ | お休みの日は音楽を・・・時のかけら »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たまにはこういうのはいかがでしょうか? | トップページ | お休みの日は音楽を・・・時のかけら »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook