内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 個人的な歳時記・・・初観測 | トップページ | 時計技術者 »

2006年11月16日 (木)

金木犀

秋も深まってくると金木犀の香りがそこここで漂います。

この香りをかぐと小学生の頃に時々いった自転車屋さんを思い出します。パンクを修理してもらっている間、そのあたりをうろうろしているわけですが、この季節になると金木犀の香りがするんです。自宅の周りにはなかったので、そこで初めてかいだときには非常に大きなインパクトがありました。

私はそちらを経験することが早かったからかもしれませんが金木犀の香りは好きです。

ところが金木犀の香りをかぐと、トイレの消臭・芳香剤を思い出すであまり好きではないという人もいます(「シャルダンした?」という例の商品がよほど印象的なんでしょうねぇ・・)。そちらの方がインパクトは大きかったのでしょう。

それでいうと私は某社のブルーベリーガムが嫌いです。それを食べると口の中に消臭・芳香剤があるような、むしろそれを食べているかのように感じられますからね。

香りと記憶というのは強い結びつきを持っていますね。

香水を始めいろいろな香りを作り出す人を調香師というのだそうですね。これは天賦の才能も大きく関与するらしいですけれど、どんなにおいでもかぐと、いろいろなにおいの素(?)を調合してそれを再現できるんだそうですよ。

そのための学校もあるみたいですね。

調香師については

http://be-dream.jp/920/921/job/j_main044.html(ベネッセさんの職業情報サイトです)

調香師さんの働きがい、生きがいってどんなものなんでしょうねぇ。

一度だけ調香師でもあるという研究者の方にあいましたが、聞いてみれば良かった。

« 個人的な歳時記・・・初観測 | トップページ | 時計技術者 »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/4206455

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀:

» 【香水】オ パフメ オーデブラン 40ml [アロマ雑貨]
読ませてもらいました! [続きを読む]

« 個人的な歳時記・・・初観測 | トップページ | 時計技術者 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook