内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« お宅は大丈夫ですか? | トップページ | 嬉しいお話 »

2006年11月29日 (水)

宇宙天気予報士

1127pressfig8 突然ですが左の写真は、今年9月に打ち上げられた科学衛星「ひので」が撮影したもので、太陽の縁にある黒点の周囲から水素原子などが火柱のように噴き上がっているところなのだそうです。

おぉ、美しい。しかも動画でとってあるそうな。みたい!!

詳しくはhttp://hinode.nao.ac.jp/news/061127PressConference/を見ていただくとして、ひのではつい先日打ち上げられたばかりなのですが、これほど明瞭なのは世界でも初めてなんだそうです。少し前までは日本のロケット打上がよく失敗していたこともあって、なんだか水を開けられちゃったのかなぁと思っていたら、う~ん、頑張っていたんですね。

なんでもすんばらしい望遠鏡を積んでいるそうで、太陽の黒点もしっかり観測できるので「太陽の顕微鏡」とも呼ばれているそうです。確かに別の黒点の写真を見ると太陽の顔についたゴマを捉えているかのような(あまり品のいい喩えではないな・・・)

ところでなぜコロナを調べるかというと、コロナからプラズマ(太陽風)が吹き出すのだそうです。この風、地球に押し寄せ、磁気嵐となって通信障害を起こしたりするのだそうです。また高エネルギー粒子というのも飛んできて、これは宇宙空間で暮らす宇宙飛行士にとってはよろしくないのだそうです(ま、それは 素人でも何となく分かる様な気がする)。黒点の活動を観測することで、こうしたことを予見できるようになるのではないかということだそうで、そうなるとまさに「宇宙天気予報士」というのが登場することになるんですねぇ。

「今日の火星のお天気です、北北西の太陽風やや強く、晴れ、ところによって磁気嵐でしょう」

みたいなことになるんでしょうか?

http://www.jaxa.jp/news_topics/vision_missions/solar-b/index_j.html

ところで、この太陽風だったらコート脱がないんでない? 北風VS太陽は、引き分けかなぁ・・

も、ぜひご覧下さい。

« お宅は大丈夫ですか? | トップページ | 嬉しいお話 »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お宅は大丈夫ですか? | トップページ | 嬉しいお話 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook