内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« ゲイジツは爆発だ~ 火星に顔があってもいいじゃないか! | トップページ | 一点集中とパラレル »

2006年10月 5日 (木)

自ら則を超えてみよう

自分で自分に制限をつけてしまうタイプの人と、全くそんなことを気にしない人がいます。

自分に制限をつけてしまう人の方が、
制限するということに敏感だからか
その分野においては理解が深いことが多いように見えます。
あるいはその領域に詳しいからこそ、
ここまでしか自分にはできないという制限を設けてしまうのかもしれません。

端から見ていると、あまりに遠慮しすぎているのではとも見えます。

十分な知識も経験もあるのだから
もっとはっきりと言ってもいいのではないか。
自分がそのことに対しては責任を持ってやります、といってもいいのではないか。
あなたのやっていることは間違っていると思いますよ、
こうした方がいいんじゃないんですかと、他の人に言ってもいいのではないか。

そう思うことが少なくないのです。
専門性が身につけば身につくほど、経験を積めば積むほど、
冒険ができなくなってしまうのでしょうか?
それとも、失敗したくなくなってしまうのでしょうか?
と、言ったら言い過ぎかもしれませんけれど・・・。

自分の力を信じて、一つ山を越えてきて欲しいものだと思います。
今のままだと、口だけで行動しない、ただの評論家になってしまいますよ。

« ゲイジツは爆発だ~ 火星に顔があってもいいじゃないか! | トップページ | 一点集中とパラレル »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/3696892

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら則を超えてみよう:

« ゲイジツは爆発だ~ 火星に顔があってもいいじゃないか! | トップページ | 一点集中とパラレル »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook