内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 職業人としての誇り | トップページ | オリンピック記念青少年総合センターのすずめ »

2006年9月 1日 (金)

親子でキャリア開発

今日から9月です。記録を見ると昨年の今ごろは「親と子の『キャリア』を考えるワークショップ」というものの準備を一生懸命しておりました。この催しは、親と子で、日頃そんなことは話さないであろう自分の内的キャリアについて話をしてみましょう-という趣旨で開催したものです。親としてはあまり口出しをしてはいかんかなぁとおもったり、口出しをしようと思っても自分の頃とは事情が違っていて何を言っていいのか分からなかったり、あるいはまた必要以上に介入しすぎたり、なかなか難しいもんなんですよね。

分かったようなことをいっていますが、うちの子はまだ就職をする時期ではありません。これらは、「働くってことをまじめに話してみる会」に参加している大学生の方々から聞いたことなんです。つまり、学生さんにしてみれば、「職業人の先輩としてもう少し仕事について、働くことについて、本音のところを教えて欲しい」と思っていたり、「どこそこに就職したらとか、公務員はどうか?とか、聞いたことのない会社だけど大丈夫なの?とか、具体的なところについては自分なりに考えているので、あまり口出ししないで欲しい」と思ったりしているということなんです。

いろいろ聞きたいような、どう聞いて良いかが分からないようなという学生さんと、どう接したらよいか、どう話したらよいかと戸惑っている親とで、話してみられたら良いよねと考えていたわけです。

あまり多くの方には参加いただけませんでしたが、やっぱりそうだよねぇ、というところが確認できてたという意味では成功ではないかと思っています。

だ・か・ら、最近の比較的お固めだったサラリーマン向け雑誌の増刊号が気になる! 

後悔しない学校選びだとか、子供を成功させる我が家の勉強法・・・みたいなの、みたことありませんか?

なんだか、我が子を成功者とするためには一家総出でどうにかしなくちゃ・・・みたいな雰囲気があるんですけれど・・・しませんか? 

教育に関係する出版社が出すとか、あるいは読者の興味や関心があるものならテーマを選ばず何でもOK、売れりゃあそれでよろしいという感じの雑誌が特集を組むのなら、まぁ仕方ないかと思うのですが、これらはどうもちょっとした規模の会社の従業員向け、敢えて誤解を恐れずいうなら、自分では「中流でもちょっと上かな~、でもいつ下に落ちるか分からない。子供たちにはこんな不安定な状況にはなって欲しくない」と思っている、教育投資に回せるくらいの資本がある人たち向けのような感じがする。

自分の親がこんなの買ったらぞっとするな~と思いつつ、一体何が書いてあるんだろう興味津々と思って買って帰ってみました。すると読む前にめざいとい娘(小学生)に先に見つかってしまい・・・

娘「おとうさんこれなに? 子供のやる気を引き出すコーチング? なにこれ? 私に勉強しろってこと?」

私「いや、なにって。やる気を引き出すんだよ、やる気を~」

娘「だめだよ、これ。『じゃぁ、どうすればいいと思う』ときかれて、自分から『毎日計算問題を1ページやればいいと思うよ』って答える小学生なんかいないよ」

私「そ、そだよね~」

娘「そうだよ、こんな子いたら、こいつ変」

私「・・・・確かに・・・」

こんな会話がいろんなご家庭で繰り広げられているに違いないです(中身まだ読んでいませんので、違う趣旨で書いているのかもしれませんけど・・(^_^)b )

どんな学校に行かせるか、どうやって勉強させるかよりも、まず自分の仕事人生をきちんと話してみるところから始めてはいかがでしょうか?

« 職業人としての誇り | トップページ | オリンピック記念青少年総合センターのすずめ »

内的キャリアへの手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子でキャリア開発:

« 職業人としての誇り | トップページ | オリンピック記念青少年総合センターのすずめ »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook