内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« カーテン替えました | トップページ | グループワーク »

2006年9月19日 (火)

面接で聞かれる前に

就活中の皆さんをはじめ、面接を受ける予定のある方・・・。

面接ではあなた自身のことが問われますね、

「なぜこの会社を選んだんですか?」(いや、まぁ、とりあえずと思って)

「あなたの長所と短所を言ってください」(げぇ、長所なんて言ったってどうせ「へっ、そんなの自分で言っているだけ。自己満足じゃないの」とか思うくせに。短所? そんなの言った日にゃぁ面接通らないでしょうが!!!)

「うちの会社のことについて聞きたいことがありますか?」(そりゃあ山ほどあります。でも根掘り葉掘り聞いたって教えてくれないだろうし、本当のことを答えるかどうかも分からないし、細かいことを聞くと「小うるさいやつ、不採用」とするくせに!!!)

という風なやつですね(括弧の中は気にしないでください)。

これって、自分のことを答えるだけなので、簡単と言えば簡単なことなのですけれど、難しいですよね。何たって上がってしまいますし、それにどう言えばいいのか、どう表現すれば伝わるのか、というのがなかなか分からないです。

であれば、一度話してみておけばよいのですけれど、「面接講座」なんか言っても、なんだか、「どう言えばいいか」ばっかりで、「何を言えばよいのか」、そもそも自分自身にとって言いたいことはなんなのかが、分からないまま終わっちゃうんですよね・・。

一度、面接ということは置いておいて、自分のことを、飾らずに、話しをしてみると、実は何を本当は言いたいのか、どう言えば自分にピッタリとして表現になるのか、しかもそれが相手に分かりやすいのか? が、分かります。

「働くってことをまじめに話してみる会」

これ、そういう意味で、いいです。おすすめです。

http://www.hanasite-mirukai.com/ です。

学生と社会人5年目くらいの人が対象ですが、話しに参加するのは採用担当を経験した人だとかを含めて、ベテランの社会人。自分の話したいことを話してみて、それが伝わるかどうかを確認するにはいいシチュエーションです。

« カーテン替えました | トップページ | グループワーク »

働くということ」カテゴリの記事

コメント

「どう話すか」の前に「何を話すか」
本当に共感しました。

自分と向き合うことは本当に大事ですよね。

うれしいです。本当にどう話すか、ばかりで何を話すかは教えない。
教えられるものではないので、機会をつくらないといけないのに、つくらない。
矛盾を感じてました。

「何」を自分で発見することの重要性を再認識しました。

「何を言えばよいのか」、そもそも自分自身にとって言いたいことはなんなのかが、分からないまま終わっちゃうんですよね・・。


本当にそうですよね!指摘してくださる方がいてうれしい!
「何」は消えて「どう」ばかり。

もっと根本を考える必要があると思います。そして思えました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/3503541

この記事へのトラックバック一覧です: 面接で聞かれる前に:

« カーテン替えました | トップページ | グループワーク »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook