内的キャリアにこの一冊!

  • 横山哲夫・今野能志ほか: キャリア開発/キャリア・カウンセリング
    キャリアって何? というところから、キャリア開発の目的、組織でどう展開するか、さらにはキャリア・カウンセリングの進め方まで取り上げたもの。人事、キャリア・カウンセラー必携、お買い得。
  • 小野田 博之: 自分のキャリアを自分で考えるワークブック
    就活前の自己分析や、働き出したあともキャリアの節目でどうぞ。自分のことは自分で知ろう!
  • 横山 哲夫: 個立の時代の人材育成
    人事担当者は必読!

Oli-Oliの記

  • 構造の美~エッフェル塔
    OLI OLI ~ ハワイではHappyという言う意味だとか。 「折々(おりおり)」に掛けてみました(おやじギャグなんだから全く・・・)。 街中、山中・・・・歩いて(食べて)気づいたこと、おもしろかったことを取り上げてみました。
無料ブログはココログ

« 私が死ぬとき | トップページ | しびれる・・・幻想即興曲 »

2006年7月21日 (金)

お勧め・・・99.9%は仮説

「99.9%は仮説」(竹内薫、光文社新書)がお勧めです。

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

著者:竹内 薫
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お勧めなので、読んでいただくのがよいと思うのですが・・・

何が書いてあるかは↑をクリックして詳細を確認していただくのがよいと思いますが、

私がこの本をお薦めする理由は、「世の中は全て仮説である」ということを私たちはきちんと認識しておく必要があると思うからです。

日本の常識は世界の非常識-とかいって日本の文化をバカにする人がいますが、他国の常識だって世界の非常識だったりするわけで、常識という奴くらい怪しい者はありません。

あの科学でさえ「いつでも反証されるもの」なのですから、全てのものを「本当にそうか?」とひとまずは疑っておく必要があろうと思うんです。疑りっぱなしだと世の中信じられなくて生活していけなくなりますから、「怪しいかもしれないけどまぁとりあえず今はその説に乗っかっておくか」というスタンスを忘れないようにしたいのです。

あぁ、しまった、だまされてたよ、こいつやるなぁ・・・くらいに思えるくらい、世の中の常識や定説というのを、「かもしれない」で見ておきましょう。

「あ、ばぁちゃん。おれおれ、おれあけどさ、・・・」というのも、「えぇぇぇ? ほんとにうちの孫? ドッキリちゃう?」(ドッキリ=どっきりカメラのこと・・・あぁ、年代がばれるな・・)くらいなスタンスが欲しいです。

« 私が死ぬとき | トップページ | しびれる・・・幻想即興曲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58640/2725456

この記事へのトラックバック一覧です: お勧め・・・99.9%は仮説:

« 私が死ぬとき | トップページ | しびれる・・・幻想即興曲 »

お勧めHP

お勧めBlog

InBook